27歳独身女性無職の愛人募集日記

私が愛人募集を始めたきっかけは、水商売をしている高校の時の友達の強引な誘いでした。大学を卒業して、就職をした会社が入社後ほどなくして倒産。その後も働き口はなかなか見つからず困っていた私を見兼ねて愛人になったらいいんだよって誘ってきたんです。

彼女は水商売をしているので、何人ものお金持ちの男性の愛人になっています。でもそれはお店で贔屓にしてくれている社長さんだとか、お医者さんだとか、そういうお金持ちの人と出会うことが多いから愛人なんて出来るんだって思っていたんです。でも聞いてみるとお客さんだけじゃなくて、ネットの愛人募集の掲示板とかも使っているらしくて、その掲示板を教えてくれたんです。

正直に言うと私の体系はぽっちゃりで、顔もはっきり言えばブス。だから私に愛人契約してくれる人なんて絶対にいないと思っていたんです。でも職もないし他にすることもないし、友達を信じて愛人募集してみました。

まあ、若干半信半疑だったのと自分に自信もなかったので設定は低めにしましたけどね。

そこから数日で、私を愛人にしたいと言ってくれる方に会えました。その方は父親ほど年齢の離れたお医者さんでした。その方いわく、若くて小太りの素朴な顔の女が好きとのこと。褒められてるんだかバカにされてるんだかわからない心境でしたが、私には勿体ないほどの高設定で愛人を申し入れてくれました。

最初は生活のためだったけど、今ではお陰様で自由な暮らしをさせてもらってます。結構この生活は私に合っているかもしれません。

愛してほしい